Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Twitterでふぁぼったものをひたすら試します

LTとかそういう発表に使えそうなアプリ

github.com

KeyCast

画面の左下に入力したキーが表示されるというもの。KeyCastはちゃんとパスワード入力の時は黙っていてくれるのでそのへんは賢い。
↑からダウンロードして、 /Applications に入れる。あとはKeyCastのPreferencesからいろいろいじるとよい。KeyCastをオンにするにはじゅもんを叩く必要があるのだが、Preferencesを開かないとじゅもんを唱えても入力したキーが表示されなかった。このへんよくわからない。
オン/オフについてはホットキーを設定できるので適当に。

ハンズオン始まった!参加者に入力したキーを見せたいぞ!

KeyCast起動

あとは状況に応じて呪文またはホットキーで呼び出し

終わったらQuit

これを使えばエディタ戦争の戦士を大量育成できるかもしれないしできないかもしれない

TweetRain

起動すると画面上にツイートを垂れ流す。アカウントはSystem PreferencesのInternet Accountsにあるやつ。そのままだと自分のタイムラインが流れて大変なことになるので、 (;||) (File…ではないのか?)からイベントのハッシュタグを検索してその検索結果を流す。
8月のpotatotipsでは「🍣🍣🍣🍣🍣🍣🍣🍣 #potatotips」と流して発表者の画面を荒らすおぢさんたちの姿があった。
流速が早くなければ自分のタイムラインをTweetRainで流しながら作業…も出来ないこともない。けど、まあ、やっぱイベントに向いてるかもしれない。
発表中のKeynoteの上にツイートを流すには「Above Menu Bar」の指定が必要。