Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Twitterでふぁぼったものをひたすら試します

「ヘルシープログラマ!」に参加して本を買ってきた

connpass.com

というイベント。
まあぶっちゃけO'Reilly Japan - ヘルシープログラマの販促かなと思ったが、各登壇者の取り組みだとかオライリーに限らず他の本の紹介だとかもあった感じ。
マジになってランニングをやったりオフィスにいろんなもの導入したりする登壇者の方々の姿勢には、そのあまりの熱狂ぶりに笑いが巻き起こるほど。株式会社 岡村製作所|上下昇降デスク「Swift(スイフト)」新発売とか、某言語と同じ名前してるしなかなか快適らしいし欲しいけど20万弱するっていうんだよな。残念だな。

運動に食事に仕事中の姿勢の話でしたとさ。
あと大事なのが、会場: クックパッド株式会社。わたしは知っているぞ、ここにくると美味しいものが食べられるんだぞ。

f:id:S_Shimotori:20150825234509j:plain

このイベントの参加者はオライリーの健康・料理本がちょっと安く買えるというので、以前から気になっていた本を買ってみた。

Cooking for Geeks ―料理の科学と実践レシピ (Make: Japan Books)

Cooking for Geeks ―料理の科学と実践レシピ (Make: Japan Books)

うーん、高い。本体3,400+税。まあこの大きさの技術本では普通か。
ギーク用の料理本なので、なんの注釈もなく f(g(x)) != g(f(x)) とか書いてある。でもべつに突然謎のアルゴリズムの話が始まるわけではなく、むしろ食材の主要成分・栄養分とか熱の話が書いてあったりするので、「(プログラミングアレルギーのない)理系向け」かもしれない。レシピ本とかと違って写真はほぼないし2色刷り。延々と細かい字で話が載っている感じ。
いわゆる猫の手にして包丁を扱いましょう的な話から載っているレベル。

普段技術書ばっかり読んでていろはの「い」から料理を始めたい人のよみものにはいいかも。