Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Twitterでふぁぼったものをひたすら試します

「バイリンガル版 SHERLOCK ピンク色の研究」を読んだ

ふぁぼったもの

バイリンガル版 SHERLOCK ピンク色の研究

バイリンガル版 SHERLOCK ピンク色の研究

SHERLOCK、気になってたんだよね。
テレビ見ないし円盤借りる金もないしと思っていたが漫画ならいけると思って。
ていうかシャーロック・ホームズは全然詳しくない

このバイリンガル版、元は普通に日本語でSHERLOCK ピンク色の研究 (カドカワコミックス・エース)らしい。

「ピンク色の研究」1事件が1冊になっている。事件と、あとホームズとワトソンの出会い込み。
原作もわからなければ推理小説もよくわからんしBBCの元のドラマもよく見てないけど、ホームズの独特な人柄も現代の雰囲気も感じられて一気に読んでしまった。

英語はイギリス英語とかの独特なやつはあるけど基本的には読みやすい
というのは嘘。
横書きなのに右開きはヤバイ。いや、しょうがないんだけど。海外で売られている日本の漫画はセリフだけ英語にすり替えて、めくる方向を間違えないように矢印が書いてあると聞いたことがある。
えっと、めくる方向は間違えないんだけど、吹き出しを読む順番がようわからん。漫画だからイラストもあるし日本語も乗ってるからそっち見りゃ意味はわかるんだけどちょっとストレスだ。仕方ないんだけど。

まあ、どうしても英語で読みたいとかではなくとりあえずSHERLOCK読めればいいみたいな人は元の日本語版を読んだほうがいい、はい。
うーん、続き(SHERLOCK 死を呼ぶ暗号 (カドカワコミックス・エース))を買うか円盤をどっかから借りてくるか……